トップページ
はじめに
センター概要
社会復帰への取り組み
面会予約
播磨社会復帰促進センター - Harima Rehabilitation Program Center -

「第10回はりま矯正展」を開催しました

平成30年9月22日(土)、第10回はりま矯正展を開催しました。
前日までの雨も上がり、今年はたくさんのお客様にお越しいただきました。「地域と共に歩むPFI刑務所」をテーマに毎年恒例の施設内見学、吹奏楽演奏、野点(お茶・和菓子の振舞い)、バルーンアートショー、キッズダンス、生命(いのち)のメッセージ展、人形劇、性格検査、パトカー・消防車・救急車の展示及び記念撮影、各種模擬店など、地元の皆様や近隣施設の協力もあり、多くのイベントを実施しました。
今年は、北京オリンピック日本女子代表、現在はスポーツコメンテーターとしてご活躍中の小林祐梨子様を「1日センター長」としてお迎えし、テープカットやお楽しみ抽選会などに参加していただくとともに、隣接する少年施設である加古川学園において、「人との絆(たすき)に込めた想い」というタイトルの講演を行っていただきました。
また、当センターの芝生広場において、兵庫県立農業高等学校の生徒の皆さんによる「動物ふれあい広場」を開催したところ、小さなお子様たちに大好評でした。

1日センター長の小林祐梨子様
【1日センター長の小林祐梨子様】
兵庫県立農業高等学校の生徒さん
【兵庫県立農業高等学校の生徒さん】
バルーンアートのつくもんさん
【バルーンアートのつくもんさん】
キッズダンスの様子
【キッズダンスの様子】
加古川警察署の広報の様子
【加古川警察署の広報の様子】
加古川市中央消防署の広報の様子
【加古川市中央消防署の広報の様子】

Copyright © Harima Rehabilitation Program Center. All rights reserved.