トップページ
はじめに
センター概要
社会復帰への取り組み
面会予約
播磨社会復帰促進センター - Harima Rehabilitation Program Center -

第11回「はりま矯正展」を開催しました

 令和元年9月28日(土)、第11回はりま矯正展を開催しました。
 当日は天候にも恵まれ、たくさんのお客様にお越しいただきました。「地域と共に歩むPFI刑務所」をテーマに毎年恒例の施設内見学、野点(お茶・和菓子の振舞い)、バルーンアートショー、キッズダンス、生命(いのち)のメッセージ展、人形劇、性格検査、パトカー・消防車・救急車の展示及び記念撮影、親子刑務官の記念撮影、刑務所作業製品の展示・即売会など、地元の皆様や近隣施設の協力もあり、多くのイベントを実施しました。
 今年はグルメ関係を大幅にリニューアルし、加古川かつめしや姫路駅名物駅そばをはじめとする多くの地元団体様のご協力も得て「ご当地グルメフェア」を開催したところ、ご来場のお客様に大好評でした。
 多くのイベントの中でも特に、映画「スウィングガールズ」のモデルとなったことでも有名な兵庫県立高砂高等学校のジャズバンド部の演奏は、全国屈指の実力校の演奏が身近で聴けるということもあり、イベント会場がお客様でいっぱいになりました。
 昨年度大好評であったことから、兵庫県立農業高等学校の生徒の皆さんには、今年も芝生広場で「動物ふれあい広場」を開催していただきました。今年は小さなお子様たちだけでなく、司会者のスパイシー八木さんもヤギさんと触れ合っていました。

兵庫県立高砂高等学校のジャズバンド部の皆さん
【兵庫県立高砂高等学校のジャズバンド部の皆さん】
兵庫県立農業高等学校の動物ふれあい広場の様子 兵庫県立農業高等学校の動物ふれあい広場の様子
【兵庫県立農業高等学校の動物ふれあい広場の様子】
スパイシー八木さんとヤギさん
【スパイシー八木さんとヤギさん】

Copyright © Harima Rehabilitation Program Center. All rights reserved.